草津旅行記・雪道対策準備編 | 風標(old)
Category: スポンサー広告 | edit ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: 日記 ≫旅行&グルメ | edit ]
先週までの大雪大変でしたねぇ。
全国的に大雪でしたが、甲信越地方!!なんなのその大雪は。。。

こちらの市町村は、まえのブログ記事のとおり
大した問題にもならなかったわけですが、
どうやら隣のお隣の市町村では大騒ぎになってたようですよ!!

一昨日、昨日と旅行の行き帰りで、
その市町村を通ったときに、道脇に高く設置された雪壁!
あかんな。1週間経ってもこの雪の残り方はやばい~~よ

↓はそんな近くの市町村を通ったときの、車からの写真
IMG_1172.jpg
(iPhoneで撮影)
左側、一面の雪景色だってばよぅ!


さて、金曜日からの旅行に行く前に、
ニュースで雪での通行止めやら渋滞やらの情報だらけで、
まず車で現地(草津)までたどり着けることができるのか?がちょー心配。
旅行一日前の木曜日にも降ると言われえてた雪の予想はなくなり、ちょっと一安心だったものの、
関越道と上信越道の通行止が火曜日あたりまで続き、
これはホテルをキャンセルしないとあかんのか??とか気になって。。。orz

とりあえず、草津までの雪道道路情報を色々と調べてくうちに、
上信越道からの道はちょっと峠があぶないらしいので、
関越道の渋川伊香保ICで降りたほうがいいという情報を入手。

東京方面からは渋川伊香保I.C.経由が峠がなくて一番安全です。 一方、
上田菅平I.C.(国道144号線鳥居峠)
碓氷軽井沢I.C.(国道146号線峰の茶屋)経由は県境1,200m超えの峠道のためチェーンが必要です。
by 草津温泉 タイヤチェーン24

(↑こちらのブログの情報にはかなりお世話になりました)


こちらは、道すがら寄った談合坂SA(上り)の絵
IMG_1174.jpg
(iPhoneで撮影)
未だに、まだまだ屋根にもいっぱいの雪。
ニュースのとおり、ヒドイ雪だったのがわかるね。


色々雪道運転に慣れてないので、拾ってきた雪道運転注意情報をまとめた結果。。。

・スタッドレスタイヤだけでは、積もり積もったふかふか新雪から抜け出せない。
 こういう場合の脱出用にチェーン携帯したほうがいい。

・スタッドレスタイヤのかわりにチェーンだけでも無理がある。
 チェーンは2輪だけでなく全輪に巻こう!

・運転中に大雪になって立ち往生したときのために、
 雪かきスコップ、車の雪かき用の棒、防寒具、簡易用トイレなど携帯しとこうね!

・国道などは除雪されていて、晴れていればノーマルタイヤでも走れるような感もあるが
 側道はいるとかなり除雪が微妙で凍結しているので、側道に入ったところから目的地までの
 道の状況(狭さや坂道状況等)を確認しておくこと。
 特に、カーナビを信じると、雪道ではあぶないところに入っていくので
 現地目的地に電話入れるとかGoogle Earthとかで道路状況と道順を確認しておくと良い。


といっても、結局、実際にホテルに行く際に、
運転してる旦那に自分の言うことを信じてもらえず、
カーナビのすすめる方向に入っていった結果、
先調べで『ここに入ったらやばいだろうなー』っと思ってた
危ない急カーブのそれも急勾配な道に結局入るはめになって、
なおかつ、カーナビの指示ではホテルの裏側
それも入り口のないちょー狭い通りに案内されたため、
ホテルの入り口どこ??な状態になりましたが!!!
せっかく調べた結果意味なーし。。。でもないか。
事故せずに1回の道間違いだけで辿りつけたから良かったかな??

というかね!
カーナビっていつも思うんだけど、ホテルにちゃんと案内できないんだよね。
「付近に到着しました」で終わっちゃう。そのあと音沙汰なし!!
そのあと、ホテルの入り口は自力で探すはめになるってどういうことなの!?

カーナビだけに頼らずに、運転手がちゃんと道の状況を確認しようね!!
っていう今回の教訓ですた。


あとねー、旦那の車、購入して1年未満の外車で、
スタッドレスタイヤには履き替えてるものの、
チェーンは購入してなかったわけであります。
草津に行く前に買っとくかーっと思って、オートバック◯に買いにいったんですが、
クリアランスが足りないって言われてチェーンを買えませんでした。ううう。
2.5cmのクリアランス・ゲージも入らないんだと!
とくに外車はクリアランス要注意らしいよ!!

スタッドレス+チェーンが必要な時に行かなければいいんだよ。。。
ま、帰りに大雪に降られれてチェーンが必要な状況になったら泣くけどな!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。