ざくざく作ってみた。の作り方 part2 | 風標(old)
Category: スポンサー広告 | edit ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: ものづくり部 ≫お裁縫 | edit ]
先日のUPした記事「ざくざく作ってみた」の
刺繍針&刺繍糸持ち運び用バッグ(?)というか
なんて言っていいかわからないものの作り方のpart2です。

あ、ちなみにpart1はこちらね。
ちょっとpart1で色々本文追加・修正されてますので
一度読んだ人も再度読んでみるヨロシ!


さて、part1のポケット付けが終わったところで
本体布の裏にD部分とE部分にキルト綿(もしくは接着芯)つけちゃいましょう~
もしかするとキルト綿が寸法通りだとあとで布を縫いにくくなるかもなので
ちょっと3mm程度横と縦のサイズを小さめにCUTしておいたほうがいいかもです。
あとで簡単に抜けるようにしつけ糸でざっくりしつけしちゃいます。
しつけの場所は下図の点線部分(上下左右と対角線2本)で。
hontai2.gif
OpenOffice.orgって罫線は点線できないけど、図形は点線ひけるのね。。。
けど、もぅpart1の図形直さないヨ!


ミシンの場合にはキルト綿の代わりに接着芯でもいいですが、
ここでアイロンしてつけちゃってください。
(手縫いの場合、接着芯の上から縫うときに硬くって大変になるのでキルト綿オススメ)


キルト綿がしつけし終わったら、今度は本体を袋状に縫い合わせます。
布裏を表(ポケットを縫い合わせた部分が中にくるように)にして、
中部分と表部分を折り返しし、
縫い代分1.5cmあけた状態で点線部分(上側と右側)を縫い合わせます。
hontai3.gif
縫い合わせが終わったら、
アイロンで縫い代を割ってから、袋状になった本体を表に返します。


今度は、まずポケットの上からD~Eまでを横1本を縫います。
これでポケットが2つに分割され、なおかつキルトティングにもなります。
ポケットが3つ欲しい場合は、適当な位置に横2本を縫ってください。
これと、D~Eまでのポケットにかからない位置の上下横2本、
Dの部分の対角線2本を縫ってください。
次に、BとCの間の縦ラインを1本上から下までを縫ってから、
AとBの間、上5cmほどを残して1本縫ってください。
(縫う箇所は↓の点線部分を参照。)
hontai4.gif
ここではキルティング部分をあまり考えずにまっすぐ縫ってますが、
各自でアレンジしてください~
ここが縫い終わったら、キルトのしつけは全部とっちゃってくださいまし。


こ、ここでちょっと説明休憩!(息キレタzzz
が、またちょっとだけ追記!


この次は~
結んで口を閉めるためのリボンを外部分(ポケットがついてない側)に縫い付けます。
↓の図のピンクの部分が縫い付ける部分にあたります。
hontai5.gif
縫い付け部分の長さを計算したらCとDの間の線から21cmまででした。

まず、1mあるリボンを27cm(G)とそれ以外(H)に分けてCUTします。
大抵手芸屋さんで1mを注文するとちょっと多めにCUTしてくれるので
Hは73cm以上はあるでしょう。
ここではHの寸法を測って、
結ぶ部分に使うリボンの長さを以下の数式より割り出します。
([Hの寸法]-21)÷2=??cm
つまりHが73cmぴったりであれば、??cmのところは26cmとなります。

一応、73cmぴったりだと仮定して、
リボンを26cm残したところから21cm分↑図のピンク部分に縫いこんで、
あとの残りが26cmになるはずです。
つまり両サイドの26cm分が結ぶのに使えるリボンの長さになります。

リボンの縫いつけ方は↓な感じに。
ちなみに後ほどCとDの境目で中側(ポケット縫付側)に折って縫いつけますので、
このような感じとなります。
RIMG0188.jpg
よーく見ないと分かりづらいですねzzz
ってことで、↓に縫う部分を赤線いれてみました。
RIMG0188_1.jpg
これはリボンの形状によって縫い方変わると思いますので、臨機応変に~。


さて、月曜から仕事が、ちょ~ピークなんですけどzzz
この続きはいつUPできるやら。。。


Creative Commons License
風標 by http://kazajirushi.blog81.fc2.com/ is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。