こぎん刺しのコースター-2の1 | 風標(old)
Category: スポンサー広告 | edit ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: ものづくり部 ≫こぎん刺し | edit ]
前に作ったこぎん刺しのコースターが
1つじゃちょっと寂しいので5つぐらい作ろうかと思い、
またまたこぎん刺しを開始。

今回の図案は、図案48を使用してます。
IMG_0594.jpg
で、上の写真ですが、
走るペンギンさんの「こぎんペンギン」ブログ記事

今、どこの段を刺しているのかすぐ分かるように、
ネクタイピンを利用して、目印にしています。

ということなので、こちらのやってるやり方も載せてしまおうとww

こちらは、無印で以前に購入したポストイットがあまっていたので、
それを使用して目印にしてます。
横に貼ってあるのが、段に対して。
縦に貼ってるのは今の位置ですね。コレは途中で休むときとかに重宝。

ただ問題なのは、ポストイットで貼り付けてるので
簡単にズラすことができないことかなww
ただ、勝手にズレることはまずないので、
間違えて別の段を。。。っていう事故は防げそう。
この方法を使う前は、定規をあてただけでした。

まぁ普通にやってる最中は
簡単にズラすことができる定規とかのほうが楽かも。
で、次の日にまたやるって時などの次の刺すときまでに時間が開く場合には
ポストイットで場所を固定するのがいい方法かな。

ポストイットが勿体無い~っとか、横に長い場合は何枚も必要。。。って人は、
要らなくなったノートの紙を縦長に切ってから、
ペンやマーカーで塗りつぶして(元から色が入ってる紙なら塗りつぶし不要)から、
コレで何箇所かノリ付けすると、長さのあるポストイットの出来上がり!w
この手の剥がせるノリは、100均でも売っているようなので、
100均で買うといいかもですよ。

ポストイットやノートの切れ端の紙だと前の段の位置確認ができないよ。。。TT
っていう人は、ノートの切れ端の紙の代用にセロファンを使うっていう手も。
セロファンなら半透明なので、確認には持って来いだと思いますよ。

ちょっと値段が高くていいなら、専用っぽいものもあります。
ただコレも、
持ち運べるホワイトボードのようなもの(磁石が効くモノ)
若しくはなんらかの鉄の板と、ちょっと長めの磁石が100均にあれば、
代用できちゃうよね。
結構モノが揃っちゃう100均って便利だわぁ。。。


そして刺し上がりっと。
IMG_0598.jpg

そして刺し上がりを寄って撮るよ!
RIMG0060_20130509094834.jpg
ひさしぶりにコレだけですが、iPhoneではなくデジカメで撮ってみた。
うーん。マクロ接写ってどうしてもカメラの影が写っちゃうのよね。。。
写真がどうにも苦手だなぁ。


↓使っているコングレスと裏布はこちらです。刺繍糸はDMCの319番。






<こぎんファンは要チェック!!>

チェックしたら、復刻決定してました!!w わーいww
こぎんファンが多くなってきたのかな?
とっても嬉しいなぁ~~ww

まだまだ受付はしているようです。
「すぐ欲しいよ!!」って方は、
ここで購入予約するのもいいんじゃないかな?


こぎん図案の本、再販に関するニュースが
kogin blog」さんのブログ記事で紹介されてました。
詳細はそちらのブログ記事をご参照くださいね。
受付は5/31までだそうです。





にほんブログ村に参加してます。
↓をポチっと押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。