外付けHDDのデータ復旧 | 風標(old)
Category: スポンサー広告 | edit ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: IT関連 ≫PC系 | edit ]
一昨日、iTunesの音楽データとこぎん図案作成用のExcelが
保存されてた外付けHDDがこわれて、どうしよう~~~TT
とアタフタしてましたが、データを見事復旧させることに成功!!



まず、iTunesのデータはiPadやiPodから復旧させればいいじゃない。
ってことで、CopyTransっというソフトを購入してみて
iPadの中からiTunesへ取り出し成功。
したんだけど、買った曲の半分以下しかiPadやiPodに入れてなかったので
また同じ曲をiTunesから買うのシンドイ。。。

あと、こぎん図案は、ブログにUPしたデータがあるため、
今までのデータは残ってるんだけど、
作業用のExcelファイルがあるとないとじゃ全然違うんですよ。。。
一応作業用Excelには基本形の図案も保存してあるので、
基本やってることって言えば、その基本形をコピペする作業なんだな。

やはり外付けHDDが復旧できれば、できるに越したことはない!!
ということで、SATA⇔USB変換ケーブルを購入。


まず外付けHDD(BUFFALOのHD-CB1.0TU2)の本体バラして、
IMG_0637.jpg
SATA⇔USB変換ケーブルでざっくり接続して、
IMG_0625.jpg
認識できた!中身のファイルもアクセス可能!!
これは重症じゃなかった模様。
でも、この状態なら、接続してもなんで動かなかったのか不思議。
外付けHDDのLEDも点灯しなかったんだよなぁ。。。
まぁなんにせよ、ファイル生きてたし、
ファイル復旧のソフト買わんで済んでよかったわー。

とりあえずファイルアクセスできるうちに、全部PCのHDDへとコピー。
コピー完了後、iTunesの音楽データを纏めて、一旦DVDにバックアップ。
こぎん図案データも余ってたUSBメモリにバックアップコピー。
これで、とりあえず作業は完了。


ってツイートしてましたが、
ま、このぐらいの失費で済んでよかったってところかもしれません。

ちっと、CopyTrans購入は余計だった気もするんだけどね。
ただ、このソフトがあれば、
どれか使わないiPodとかに音楽データ突っ込んでおいて、
それをiTunesの音楽データのバックアップにもできちゃうから
いいんじゃないかな。


とりあえず、今回の教訓。
1.外付けHDDを信じるな!!壊れやすいんだ、奴らは!
2.DVDメティアとかへのデータ・バックアップはたまにやっとこうな!!
ってことです。。。


今回購入したSATA⇔USB変換ケーブルはこちら。
Groovy HDD簡単接続セット UD-3000SA

Groovy HDD簡単接続セット UD-3000SA
価格:2,667円(税込、送料別)

あれ?値段が全然ちがうぞ。
PC○ポさんがボリすぎってことでFA。。。ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。